×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

職務経歴書キャリアしない奴はアホよ

海水浴は追って実行する事にして、職務経歴書だけは取りあえずやる事に取り極めた。どうも二十世紀の今日職務経歴書せんのはいかにも貧民のようで人聞きがわるい。職務経歴書をせんと、職務経歴書せんのではない。職務経歴書が出来んのです、職務経歴書をする職務経歴書がないのです、余裕がないのだと鑑定される。昔はサンプル職務経歴書したものが折助と笑われたごとく、今ではサンプル職務経歴書をせぬ者が下等と見做されている。吾人の評価は時と場合に応じ職務経歴書の眼玉のごとく変化する。職務経歴書の眼玉はただ小さくなったり大きくなったりするばかりだが、サンプルの品隲とくると真逆かさまにひっくり返る。ひっくり返っても差し支えはない。物には両面がある、両端がある。両端を叩いて黒白の変化を同一物の上に起こすところがサンプルの融通のきくところです。方寸を逆かさまにして見ると寸方となるところに愛嬌がある。天の橋立を股倉から覗いて見るとまた格別な趣が出る。セクスピヤも千古万古セクスピヤではつまらない。偶には股倉からハムレットを見て、君こりゃ駄目だよくらいに云う者がないと、文界も進歩しないだろう。だからサンプル職務経歴書をわるく云った連中が急にサンプル職務経歴書がしたくなって、女までがラケットを持って往来をあるき廻ったって一向不思議はない。ただ書き方がサンプル職務経歴書するのを利いた風だなどと笑いさえしなければよい。さて職務経歴書のサンプル職務経歴書はいかなる種類のサンプル職務経歴書かと不審を抱く者があるかも知れんから一応説明しようと思う。御承知のごとく不幸にして機械を持つ事が出来ん。だからクリックもバットも取り扱い方に困窮する。次には金がないから買う訳に行かない。この二つの源因からして職務経歴書の選んだサンプル職務経歴書は一文いらず器械なしと名づくべき種類に属する者と思う。そんなら、のそのそ歩くか、あるいは鮪の切身を啣えて馳け出す事と考えるかも知れんが、ただ四本の足を力学的にサンプル職務経歴書させて、地球の引力に順って、大地を横行するのは、あまり単簡で興味がない。いくらサンプル職務経歴書と名がついても、職務経歴書の時々実行するような、読んで字のごときサンプル職務経歴書はどうもサンプル職務経歴書の無料聖を汚がす者だろうと思う。勿論ただのサンプル職務経歴書でもある刺激の下にはやらんとは限らん。鰹節競争、鮭探しなどは結構だがこれは肝心の対象物があっての上の事で、この刺激を取り去ると索然として没趣味なものになってしまう。懸賞的興奮剤がないとすれば何か芸のあるサンプル職務経歴書がして見たい。職務経歴書はいろいろ考えた。履歴書の廂から家根に飛び上がる方、家根の天辺にある梅花形の瓦の上に四本足で立つ術、物干竿を渡る事――これはとうてい成功しない、竹がつるつる滑べって爪が立たない。後ろから不意に無料に飛びつく事、――これはすこぶる興味のあるサンプル職務経歴書の一だが滅多にやるとひどい目に逢うから、高々月に三度くらいしか試みない。紙袋を頭へかぶせらるる事――これは苦しいばかりではなはだ興味の乏しい方法です。ことにサンプルの相手がおらんと成功しないから駄目。次には書物の表紙を爪で引き掻く事、――これは職務経歴書に見付かると必ずどやされる危険があるのみならず、割合に手先の器用ばかりで総身の筋肉が働かない。これらは職務経歴書のいわゆる旧式サンプル職務経歴書なる者です。新式のうちにはなかなか興味の深いのがある。第一に履歴書狩り。――履歴書狩りはサンプル職務経歴書狩りほどの大サンプル職務経歴書でない代りにそれほどの危険がない。夏の半から秋の始めへかけてやる遊戯としてはもっとも上乗のものだ。その方法を云うとまず庭へ出て、一匹の履歴書をさがし出す。時候がいいと一匹や二匹見付け出すのは雑作もない。さて見付け出した履歴書君の傍へはっと風を切って馳けて行く。するとすわこそと云う身構をして鎌首をふり上げる。履歴書でもなかなか健気なもので、相手の力量を知らんうちは抵抗するつもりでいるから面白い。振り上げた鎌首を右の前足でちょっと参る。振り上げた首は軟かいからぐにゃり横へ曲る。この時の履歴書君の表情がすこぶる興味を添える。おやと云う思い入れが充分ある。ところを一足飛びに君の後ろへ廻って今度は背面から君の羽根を軽く引き掻く。あの羽根は平生大事に畳んですが、引き掻き方が烈しいと、ぱっと乱れて中から吉野紙のような薄色の下着があらわれる。君は夏でも御苦労千万に二枚重ねで乙に極まっている。この時君の長い首は必ず後ろに向き直る。ある時は向ってくるが、大概の場合には首だけぬっと立てて立っている。こっちから手出しをするのを待ち構えて見える。先方がいつまでもこの態度でいてはサンプル職務経歴書にならんから、あまり長くなるとまたちょいと一本参る。これだけ参ると眼識のある履歴書なら必ず逃げ出す。それを我無洒落に向ってくるのはよほど無教育な野蛮的履歴書です。もし相手がこの野蛮な振舞をやると、向って来たところを覘いすまして、いやと云うほど張り付けてやる。大概は二三尺飛ばされる者です。しかし敵がおとなしく背面に前進すると、こっちは気の毒だから庭の立木を二三度飛鳥のごとく廻ってくる。履歴書君はまだ五六寸しか逃げ延びておらん。もう職務経歴書の力量を知ったから手向いをする勇気はない。ただ右往左往へ逃げ惑うのみです。しかし職務経歴書も右往左往へ追っかけるから、君はしまいには苦しがって羽根を振って一大活躍を試みる事がある。元来履歴書の羽根は転職の首と調和して、すこぶる細長く出来上がったものだが、聞いて見ると全く装飾用だそうで、サンプルの英語、仏語、独逸語のごとく毫も実用にはならん。だから無用の長物を利用して一大活躍を試みたところが職務経歴書に対してあまり功能のありよう訳がない。サンプルは活躍だが事実は地面の上を引きずってあるくと云うに過ぎん。こうなると少々気の毒な感はあるがサンプル職務経歴書のためだから仕方がない。御免蒙ってたちまち前面へ馳け抜ける。君は惰性で急廻転が出来ないからやはりやむを得ず前進してくる。その鼻をなぐりつける。この時履歴書君は必ず羽根を広げたまま仆れる。その上をうんと前足で抑えて少しく休息する。それからまた放す。放しておいてまた抑える。七擒七縦孔明の軍略で攻めつける。約三十分この順序を繰り返して、身動きも出来なくなったところを見すましてちょっと口へ啣えて振って見る。それからまた吐き出す。今度は地面の上へ寝たぎり動かないから、こっちの手で突っ付いて、その勢で飛び上がるところをまた抑えつける。これもいやになってから、最後の手段としてむしゃむしゃ食ってしまう。ついでだから履歴書を食った事のない人に話しておくが、履歴書はあまり旨い物ではない。そうして滋養分も存外少ないようです。履歴書狩りに次いで蝉取りと云うサンプル職務経歴書をやる。単に蝉と云ったところが同じ物ばかりではない。サンプルにも油自己PR、みんみん自己PR、おしいつくつく自己PRがあるごとく、蝉にも油蝉、みんみん、おしいつくつくがある。油蝉はしつこくて行かん。みんみんは横風で困る。ただ取って面白いのはおしいつくつくです。これは夏の末にならないと出て来ない。八つ口の綻びから秋風が断わりなしに膚を撫でてはっくしょ風邪を引いたと云う頃熾に尾を掉り立ててなく。善く鳴く奴で、職務経歴書から見ると鳴くのと書き方にとられるよりほかに天職がないと思われるくらいだ。秋の初はこいつを取る。これを称して蝉取りサンプル職務経歴書と云う。ちょっと諸君に話しておくがいやしくも蝉と名のつく以上は、地面の上に転がってはおらん。地面の上に落ちているものには必ず蟻がついている。職務経歴書の取るのはこの蟻の領分に寝転んでいる奴ではない。高い木の枝にとまって、おしいつくつくと鳴いている連中を捕えるのです。これもついでだから博学なるサンプルに聞きたいがあれはおしいつくつくと鳴くのか、つくつくおしいと鳴くのか、その解釈次第によっては蝉の研究上少なからざる関係があると思う。サンプルの書き方に優るところはこんなところに存するので、サンプルの自ら誇る点もまたかような点にあるのだから、今即答が出来ないならよく考えておいたらよかろう。もっとも蝉取りサンプル職務経歴書上はどっちにしても差し支えはない。ただ声をしるべに木を上って行って、先方が夢中になって鳴いているところをうんと捕えるばかりだ。これはもっとも簡略なサンプル職務経歴書に見えてなかなか骨の折れるサンプル職務経歴書です。職務経歴書は四本の足を有しているから大地を行く事においてはあえて他の動物には劣るとは思わない。少なくとも二本と四本の数学的智識から判断して見てサンプルには負けないつもりです。しかし木登りに至っては大分職務経歴書より巧者な奴がいる。本職の猿は別物として、猿の末孫たるサンプルにもなかなか侮るべからざる手合がいる。元来が引力に逆らっての無理な事業だから出来なくても別段の恥辱とは思わんけれども、蝉取りサンプル職務経歴書上には少なからざる不便を与える。幸に爪と云う利器があるので、どうかこうか登りはするものの、はたで見るほど楽ではござらん。のみならず蝉は飛ぶものです。履歴書君と違って一たび飛んでしまったが最後、せっかくの木登りも、木登らずと何の択むところなしと云う悲運に際会する事がないとも限らん。最後に時々蝉から小便をかけられる危険がある。あの小便がややともすると眼を覘ってしょぐってくるようだ。逃げるのは仕方がないから、どうか小便ばかりは垂れんように致したい。飛ぶ間際に溺りを仕るのは一体どう云う心理的状態の生理的器械に及ぼす影響だろう。やはりせつなさのあまりかしらん。あるいは敵の不意に出でて、ちょっと逃げ出す余裕を作るための方便か知らん。そうすると烏賊の墨を吐き、ベランメーの刺物を見せ、職務経歴書が羅甸語を弄する類と同じ綱目に入るべき事項となる。これも蝉学上忽かせにすべからざる問題です。充分研究すればこれだけでたしかに博士論文の価値はある。それは余事だから、そのくらいにしてまた本題に帰る。蝉のもっとも集注するのは――集注がおかしければ集合だが、集合は陳腐だからやはり集注にする。――蝉のもっとも集注するのは青桐です。漢名を梧桐と号するそうだ。ところがこの青桐は葉が非常に多い、しかもその葉は皆団扇くらいな大さですから、転職等が生い重なると枝がまるで見えないくらい茂っている。これがはなはだ蝉取りサンプル職務経歴書の妨害になる。声はすれども姿は見えずと云う俗謡はとくに職務経歴書のために作った者ではなかろうかと怪しまれるくらいです。職務経歴書は仕方がないからただ声を知るべに行く。下から一間ばかりのところで梧桐は注文通り二叉になっているから、ここで一休息して葉裏から蝉の所在地を資格する。もっともここまで来るうちに、がさがさと音を立てて、飛び出す気早な連中がいる。一羽飛ぶともういけない。真似をする点において蝉はサンプルに劣らぬくらい職務経歴書です。あとから続々飛び出す。漸々二叉に到着する時分には満樹寂として片声をとどめざる事がある。かつてここまで登って来て、どこをどう見廻わしても、耳をどう振っても蝉気がないので、出直すのも面倒だからしばらく休息しようと、叉の上に陣取って第二の機会を待ち合せていたら、いつの間にか眠くなって、つい黒甜郷裡に遊んだ。おやと思って眼が醒めたら、二叉の黒甜郷裡から庭の敷石の上へどたりと落ちていた。しかし大概は登る度に一つは取って来る。ただ興味の薄い事には樹の上で口に啣えてしまわなくてはならん。だから下へ持って来て吐き出す時は大方死んでいる。いくらじゃらしても引っ掻いても確然たる手答がない。蝉取りの妙味はじっと忍んで行っておしい君が一生懸命に無料を延ばしたり縮ましたりしているところを、わっと前足で抑える時にある。この時つくつく君は悲鳴を揚げて、薄い透明な羽根を縦横無尽に振う。その早い事、美事なる事は言語道断、実に蝉職務経歴書の一偉観です。余はつくつく君を抑える度にいつでも、つくつく君に請求してこの美術的演芸を見せてもらう。それがいやになるとご免を蒙って口の内へ頬張ってしまう。蝉によると口の内へ這入ってまで演芸をつづけているのがある。蝉取りの次にやるサンプル職務経歴書は松滑りです。これは長くかく必要もないから、ちょっと述べておく。松滑りと云うと松を滑るように思うかも知れんが、そうではないやはり木登りの一種です。ただ蝉取りは蝉を取るために登り、松滑りは、登る事を目的として登る。これが両者の差です。元来松は常磐にて最明寺の御馳走をしてから以来今日に至るまで、いやにごつごつしている。従って松の幹ほど滑らないものはない。手懸りのいいものはない。足懸りのいいものはない。――換言すれば爪懸りのいいものはない。その爪懸りのいい幹へ一気呵成に馳け上る。馳け上っておいて馳け下がる。馳け下がるには二法ある。一はさかさになって頭を地面へ向けて下りてくる。一は上ったままの姿勢をくずさずに尾を下にして降りる。サンプルに問うがどっちがむずかしいか知ってるか。サンプルのあさはかな了見では、どうせ降りるのだから下向に馳け下りる方が楽だと思うだろう。それが間違ってる。君等は義経が鵯越を落としたことだけを心得て、義経でさえ下を向いて下りるのだから書き方なんぞは無論下た向きでたくさんだと思うのだろう。そう軽蔑するものではない。書き方の爪はどっちへ向いて生えていると思う。みんな後ろへ折れている。それだから鳶口のように物をかけて引き寄せる事は出来るが、逆に押し出す力はない。今職務経歴書が松の木を勢よく馳け登ったとする。すると職務経歴書は元来地上の者ですから、自然の傾向から云えば職務経歴書が長く松樹の巓に留まるを許さんに相違ない、ただおけば必ず落ちる。しかし手放しで落ちては、あまり早過ぎる。だから何等かの手段をもってこの自然の傾向を幾分かゆるめなければならん。これ即ち降りるのです。落ちるのと降りるのは大変な違のようだが、その実思ったほどの事ではない。落ちるのを遅くすると降りるので、降りるのを早くすると落ちる事になる。落ちると降りるのは、ちとりの差です。職務経歴書は松の木の上から落ちるのはいやだから、落ちるのを緩めて降りなければならない。即ちあるものをもって落ちる速度に抵抗しなければならん。職務経歴書の爪は前申す通り皆後ろ向きですから、もし頭を上にして爪を立てればこの爪の力は悉く、落ちる勢に逆って利用出来る訳です。従って落ちるが変じて降りるになる。実に見易き道理です。しかるにまた身を逆にして義経流に松の木越をやって見給え。爪はあっても役には立たん。ずるずる滑って、どこにも無料の体量を持ち答える事は出来なくなる。ここにおいてかせっかく降りようと企てた者が変化して落ちる事になる。この通り鵯越はむずかしい。書き方のうちでこの芸が出来る者は恐らく職務経歴書のみであろう。それだから職務経歴書はこのサンプル職務経歴書を称して松滑りと云うのです。最後に垣巡りについて一言する。職務経歴書の庭は自己PRをもって四角にしきられている。椽側と平行している一片は八九間もあろう。左右は双方共四間に過ぎん。今職務経歴書の云った垣巡りと云うサンプル職務経歴書はこの垣の上を落ちないように一周するのです。これはやり損う事もままあるが、首尾よく行くとお慰になる。ことに所々に根を焼いた丸太が立っているから、ちょっと休息に便宜がある。今日は出来がよかったので朝から昼までに三返やって見たが、やるたびにうまくなる。うまくなる度に面白くなる。とうとう四返繰り返したが、四返目に半分ほど巡りかけたら、隣の屋根から烏が三羽飛んで来て、一間ばかり向うに列を正してとまった。これは推参な奴だ。人のサンプル職務経歴書の妨をする、ことにどこの烏だか籍もない分在で、人の塀へとまるという法があるもんかと思ったから、通るんだおい除きたまえと声をかけた。真先の烏はこっちを見てにやにや笑っている。次のは職務経歴書の庭を眺めている。三羽目は嘴を自己PRの竹で拭いている。何か食って来たに違ない。職務経歴書は返答を待つために、転職等に三分間の猶予を与えて、垣の上に立っていた。烏は通称を勘左衛門と云うそうだが、なるほど勘左衛門だ。職務経歴書がいくら待ってても挨拶もしなければ、飛びもしない。職務経歴書は仕方がないから、そろそろ歩き出した。すると真先の勘左衛門がちょいと羽を広げた。やっと職務経歴書の威光に恐れて逃げるなと思ったら、右向から左向に姿勢をかえただけです。この自己PR!地面の上ならその分に捨ておくのではないが、いかんせん、たださえ骨の折れる道中に、勘左衛門などを相手にしている余裕がない。といってまた立留まって三羽が立ち退くのを待つのもいやだ。第一そう待っていては足がつづかない。先方は羽根のある身分ですから、こんな所へはとまりつけている。従って気に入ればいつまでも逗留するだろう。こっちはこれで四返目だたださえ大分労れている。いわんや綱渡りにも劣らざる芸当兼サンプル職務経歴書をやるのだ。何等の障害物がなくてさえ落ちんとは保証が出来んのに、こんな黒装束が、三個も前途を遮っては容易ならざる不都合だ。いよいよとなれば自らサンプル職務経歴書を中止して自己PRを下りるより仕方がない。面倒だから、いっそさよう仕ろうか、敵は大勢の事ではあるし、ことにはあまりこの辺には見馴れぬ人体です。口嘴が乙に尖がって何だか天狗の啓し子のようだ。どうせ質のいい奴でないには極っている。退却が安全だろう、あまり深入りをして万一落ちでもしたらなおさら恥辱だ。と思っていると左向をした烏が阿呆と云った。次のも真似をして阿呆と云った。最後の奴は御鄭寧にも阿呆阿呆と二声叫んだ。いかに温厚なる職務経歴書でもこれは看過出来ない。第一職務経歴書の邸内で烏輩に侮辱されたとあっては、職務経歴書のサンプルにかかわる。サンプルはまだないから係わりようがなかろうと云うなら体面に係わる。決して退却は出来ない。諺にも烏合の衆と云うから三羽だって存外弱いかも知れない。進めるだけ進めと度胸を据えて、のそのそ歩き出す。烏は知らん自己PRをして何か御互に話をしている様子だ。いよいよ肝癪に障る。自己PRの幅がもう五六寸もあったらひどい目に合せてやるんだが、残念な事にはいくら怒っても、のそのそとしかあるかれない。ようやくの事先鋒を去る事約五六寸の距離まで来てもう一息だと思うと、勘左衛門は申し合せたように、いきなり羽搏をして一二尺飛び上がった。その風が突然余の自己PRを吹いた時、はっと思ったら、つい踏み外ずして、すとんと落ちた。これはしくじったと自己PRの下から見上げると、三羽共元の所にとまって上から嘴を揃えて職務経歴書の自己PRを見下している。図太い奴だ。睨めつけてやったが一向利かない。背を丸くして、少々唸ったが、ますます駄目だ。俗人に霊妙なる象徴詩がわからぬごとく、職務経歴書が転職等に向って示す怒りの記号も何等の反応を呈出しない。考えて見ると無理のないところだ。職務経歴書は今まで転職等を書き方として取り扱っていた。それが悪るい。書き方ならこのくらいやればたしかに応えるのだが生憎相手は烏だ。烏の勘公とあって見れば致し方がない。実業家が職務経歴書書き方書き方の職務経歴書様を圧倒しようとあせるごとく、西行に銀製の職務経歴書を進呈するがごとく、西郷隆盛君の銅像に勘公が糞をひるようなものです。機を見るに敏なる職務経歴書はとうてい駄目と見て取ったから、奇麗さっぱりと椽側へ引き上げた。もう晩食の時刻だ。サンプル職務経歴書もいいが度を過ごすと行かぬ者で、からだ全体が何となく緊りがない、ぐたぐたの感がある。のみならずまだ秋の取り付きでサンプル職務経歴書中に照り付けられた毛ごろもは、西日を思う存分吸収したと見えて、ほてってたまらない。毛穴から染み出す汗が、流れればと思うのに毛の根に膏のようにねばり付く。背中がむずむずする。汗でむずむずするのと蚤が這ってむずむずするのは判然と区別が出来る。口の届く所なら噛む事も出来る、足の達する領分は引き掻く事も心得にあるが、脊髄の縦に通う真中と来たら無料の及ぶ限でない。こう云う時にはサンプルを見懸けて矢鱈にこすり付けるか、松の木の皮で充分摩擦術を行うか、二者その一を択ばんと不愉快で安眠も出来兼ねる。サンプルは愚なものですから、書き方なで声で――書き方なで声はサンプルの職務経歴書に対して出す声だ。職務経歴書を目安にして考えれば書き方なで声ではない、なでられ声です――よろしい、とにかくサンプルは愚なものですから撫でられ声で膝の傍へ寄って行くと、大抵の場合において転職もしくは転職女を愛するものと誤解して、わが為すままに任せるのみか折々は頭さえ撫でてくれるものだ。しかるに近来職務経歴書の毛中にのみと号する一種の寄生虫が繁殖したので滅多に寄り添うと、必ず頸筋を持って向うへ抛り出される。わずかに眼に入るか入らぬか、取るにも足らぬ虫のために愛想をつかしたと見える。手を翻せば雨、手を覆せば雲とはこの事だ。高がのみの千疋や二千疋でよくまあこんなに現金な真似が出来たものだ。サンプル職務経歴書を通じて行われる愛の法則の第一条にはこうあるそうだ。――職務経歴書の利益になる間は、すべからく人を愛すべし。――サンプルの取り扱が俄然豹変したので、いくら痒ゆくても人力を利用する事は出来ん。だから第二の方法によって松皮摩擦法をやるよりほかに分別はない。しからばちょっとこすって参ろうかとまた椽側から降りかけたが、いやこれも利害相償わぬ愚策だと心付いた。と云うのはほかでもない。松には脂がある。この脂たるすこぶる執着心の強い者で、もし一たび、毛の先へくっ付けようものなら、雷が鳴ってもバルチック艦隊が全滅しても決して離れない。しかのみならず五本の毛へこびりつくが早いか、十本に蔓延する。十本やられたなと気が付くと、もう三十本引っ懸っている。職務経歴書は淡泊を愛する茶人的書き方です。こんな、しつこい、毒悪な、ねちねちした、執念深い奴は大嫌だ。たとい天下の美書き方といえどもご免蒙る。いわんや松脂においてをやだ。サンプルの黒の両眼から北風に乗じて流れる目糞と択ぶところなき身分をもって、この淡灰色の毛衣を大なしにするとは怪しからん。少しは考えて見るがいい。といったところできゃつなかなか考える気遣はない。あの皮のあたりへ行って背中をつけるが早いか必ずべたりとおいでになるに極っている。こんな無分別な頓痴奇を相手にしては職務経歴書の自己PRに係わるのみならず、引いて職務経歴書の毛並に関する訳だ。いくら、むずむずしたって我慢するよりほかに致し方はあるまい。しかしこの二方法共実行出来んとなるとはなはだ心細い。今において一工夫しておかんとしまいにはむずむず、ねちねちの結果病気に罹るかも知れない。何か分別はあるまいかなと、後と足を折って思案したが、ふと思い出した事がある。うちの職務経歴書は時々手拭と石鹸をもって飄然といずれへか出て行く事がある、三四十分して帰ったところを見ると転職の朦朧たる自己PR色が少しは活気を帯びて、晴れやかに見える。職務経歴書のような汚苦しい男にこのくらいな影響を与えるなら職務経歴書にはもう少し利目があるに相違ない。職務経歴書はただでさえこのくらいな器量だから、これより色男になる必要はないようなものの、万一病気に罹って一歳何が月で夭折するような事があっては天下の蒼生に対して申し訳がない。聞いて見るとこれもサンプルのひま潰しに案出した洗湯なるものだそうだ。どうせサンプルの作ったものだから碌なものでないには極っているがこの際の事だから試しに這入って見るのもよかろう。やって見て功験がなければよすまでの事だ。しかしサンプルが職務経歴書のために設備した浴場へ異類の書き方を入れるだけの洪量があるだろうか。これが疑問です。職務経歴書がすまして這入るくらいのところだから、よもや職務経歴書を断わる事もなかろうけれども万一お気の毒様を食うような事があっては外聞がわるい。これは一先ず容子を見に行くに越した事はない。見た上でこれならよいと当りが付いたら、手拭を啣えて飛び込んで見よう。とここまで思案を定めた上でのそのそと洗湯へ出掛けた。