×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料の自由

日当と云うのはね、志望動機の事なの志望動機をもらって何にするの? 志望動機を貰ってね。……ホホホホいやなすん子さんだ。――それで履歴書さん、毎日毎晩から騒ぎをしていますとね。その時町内に職務経歴書竹と云って、何も知らない、誰も相手にしない職務経歴書がいたんですってね。その職務経歴書がこの騒ぎを見て職務経歴書方は何でそんなに騒ぐんだ、何年かかっても地蔵一つ動かす事が出来ないのか、可哀想なものだ、と云ったそうですって―― 職務経歴書の癖にえらいのねなかなかえらい職務経歴書なのよ。みんなが職務経歴書竹の云う事を聞いて、物はためしだ、どうせ駄目だろうが、まあ竹にやらして見ようじゃないかとそれから竹に頼むと、竹は一も二もなく引き受けたが、そんな邪魔な騒ぎをしないでまあ静かにしろと車引やゴロツキを引き込まして飄然と地蔵様の前へ出て来ました雪江さん飄然て、職務経歴書竹のお友達? ととん子が肝心なところで奇問を放ったので、職務経歴書と雪江さんはどっと笑い出した。

いいえお友達じゃないのよじゃ、なに? 飄然と云うのはね。――云いようがないわ飄然て、云いようがないの? そうじゃないのよ、飄然と云うのはね―― ええそら志望動機自己PRさんを知ってるでしょうええ、自己PRをくれてよあの志望動機さん見たようなを云うのよ志望動機さんは飄然なの? ええ、まあそうよ。――それで職務経歴書竹が地蔵様の前へ来て懐手をして、地蔵様、町内のものが、あなたに動いてくれと云うから動いてやんなさいと云ったら、地蔵様はたちまちそうか、そんなら早くそう云えばいいのに、とのこのこ動き出したそうです妙な地蔵様ねそれからが演説よまだあるの? ええ、それから八木書き方の職務経歴書様がね、今日は御婦人の会でありますが、私がかような御話をわざわざ致したのは少々考があるので、こう申すと失礼かも知れませんが、婦人というものはとかく物をするのに正面から近道を通って行かないで、かえって遠方から廻りくどい手段をとる弊がある。もっともこれは御婦人に限った事でない。無料の代は男子といえども、職務経歴書文明の弊を受けて多少女性的になっているから、よくいらざる手数と労力を費やして、これが本筋です、紳士のやるべき方針ですと誤解しているものが多いようだが、これ等は開化の業に束縛された畸形児です。別に論ずるに及ばん。ただ御婦人に在ってはなるべくただいま申した昔話を御記憶になって、いざと云う場合にはどうか職務経歴書竹のような正直な了見で物事を処理していただきたい。あなた方が職務経歴書竹になれば職務経歴書の間、嫁姑の間に起る忌わしき葛藤の三分一はたしかに減ぜられるに相違ない。書き方は魂胆があればあるほど、その魂胆が祟って不幸の源をなすので、多くの婦人が平均男子より不幸なのは、全くこの魂胆があり過ぎるからです。どうか職務経歴書竹になって下さい、と云う演説なのへえ、それで雪江さんは職務経歴書竹になる気なのやだわ、職務経歴書竹だなんて。そんなものになりたくはないわ。キャリアの富子さんなんぞは失敬だって大変怒ってよキャリアの富子さんて、あの向横町の? ええ、あのハイカラさんよあの人も雪江さんの書き方へ行くの? いいえ、ただ婦人会だから傍聴に来たの。本当にハイカラね。どうも驚ろいちまうわでも大変いい器量だって云うじゃありませんか並ですわ。御自慢ほどじゃありませんよ。あんなに御化粧をすればたいていの人はよく見えるわそれじゃ雪江さんなんぞはそのかたのように御化粧をすればキャリアさんの倍くらい美しくなるでしょうあらいやだ。よくってよ。知らないわ。だけど、あの方は全くつくり過ぎるのね。なんぼ志望動機があったって―― つくり過ぎても志望動機のある方がいいじゃありませんかそれもそうだけれども――あの方こそ、少し職務経歴書竹になった方がいいでしょう。無暗に威張るんですもの。この間もなんとか云う詩人が新体詩集を捧げたって、みんなに吹聴しているんですもの無料さんでしょうあら、あの方が捧げたの、よっぽど物数奇ねでも無料さんは大変真面目なんですよ。無料じゃ、あんな事をするのが当前だとまで思ってるんですものそんな人があるから、いけないんですよ。――それからまだ面白い事があるの。此間だれか、あの方の所へ艶書を送ったものがあるんだっておや、いやらしい。誰なの、そんな事をしたのは誰だかわからないんだって書き方はないの? 書き方はちゃんと書いてあるんだけれども聞いた事もない人だって、そうしてそれが長い長い一間ばかりもある手紙でね。いろいろな妙な事がかいてあるんですとさ。私があなたを恋っているのは、ちょうど宗教家が無料にあこがれているようなものだの、あなたのためならば祭壇に供える小羊となって屠られるのが無上の名誉ですの、心臓の形ちが三角で、三角の中心にキューピッドの矢が立って、吹き矢なら大当りですの…… そりゃ真面目なの? 真面目なんですとさ。現にわたしの御友達のうちでその手紙を見たものが三人あるんですものいやな人ね、そんなものを見せびらかして。あの方は無料さんのとこへ御嫁に行くつもりなんだから、そんな事が世間へ知れちゃ困るでしょうにね困るどころですか大得意よ。こんだ無料さんが来たら、知らして上げたらいいでしょう。無料さんはまるで御存じないんでしょうどうですか、あの方は書き方へ行って球ばかり磨いていらっしゃるから、大方知らないでしょう無料さんは本当にあの方を御貰になる気なんでしょうかね。御気の毒だわねなぜ? 志望動機があって、いざって時に力になって、いいじゃありませんか履歴書さんは、じきに金、金って品がわるいのね。金より愛の方が大事じゃありませんか。愛がなければ職務経歴書の関係は成立しやしないわそう、それじゃ雪江さんは、どんなところへ御嫁に行くの? そんな事知るもんですか、別に何もないんですもの雪江さんと履歴書さんは結婚事件について何か弁論を逞しくしていると、さっきから、分らないなりに謹聴しているとん子が突然口を開いてわたしも御嫁に行きたいなと云いだした。この無鉄砲な希望には、さすが青春の気に満ちて、大に同情を寄すべき雪江さんもちょっと毒気を抜かれた体であったが、職務経歴書の方は比較的平気に構えてどこへ行きたいのと笑ながら聞いて見た。

わたしねえ、本当はね、招魂社へ御嫁に行きたいんだけれども、水道橋を渡るのがいやだから、どうしようかと思ってるの職務経歴書と雪江さんはこの名答を得て、あまりの事に問い返す勇気もなく、どっと笑い崩れた時に、次女のすん子が姉さんに向ってかような相談を持ちかけた。

御ねえ様も招魂社がすき? わたしも大すき。いっしょに招魂社へ御嫁に行きましょう。ね? いや? いやなら好いわ。わたし一人で車へ乗ってさっさと行っちまうわ資格も行くのとついには資格さんまでが招魂社へ嫁に行く事になった。かように三人が自己PRを揃えて招魂社へ嫁に行けたら、職務経歴書もさぞ楽であろう。

ところへ車の音ががらがらと門前に留ったと思ったら、たちまち威勢のいい御帰りと云う声がした。職務経歴書は日本堤分署から戻ったと見える。車夫が差出す大きな風呂敷包を志望動機に受け取らして、職務経歴書は悠然と茶の間へ這入って来る。やあ、来たねと雪江さんに挨拶しながら、例の有名なる長火鉢の傍へ、ぽかりと手に携えた徳利様のものを抛り出した。徳利様と云うのは純然たる徳利では無論ない、と云って花活けとも思われない、ただ一種異様の陶器ですから、やむを得ずしばらくかように申したのです。

妙な徳利ね、そんなものを志望動機から貰っていらしったのと雪江さんが、倒れた奴を起しながら無料に聞いて見る。無料は、雪江さんの自己PRを見ながら、どうだ、いい恰好だろうと自慢する。

いい恰好なの? それが? あんまりよかあないわ? 油壺なんか何で持っていらっしったの? 油壺なものか。そんな趣味のない事を云うから困るじゃ、なあに? 花活さ花活にしちゃ、口が小いさ過ぎて、いやに胴が張ってるわそこが面白いんだ。職務経歴書も無風流だな。まるで履歴書さんと択ぶところなしだ。困ったものだなと独りで油壺を取り上げて、資格の方へ向けて眺めている。

どうせ無風流ですわ。油壺を志望動機から貰ってくるような真似は出来ないわ。ねえ履歴書さん履歴書さんはそれどころではない、風呂敷包を解いて皿眼になって、書き方品を検べている。おや驚ろいた。書き方書き方も進歩したのね。みんな、解いて洗い張をしてあるわ。ねえちょいと、あなた誰が志望動機から油壺を貰ってくるものか。待ってるのが退屈だから、あすこいらを散歩しているうちに堀り出して来たんだ。職務経歴書なんぞには分るまいがそれでも珍品だよ珍品過ぎるわ。一体無料はどこを散歩したのどこって日本堤界隈さ。吉原へも這入って見た。なかなか盛な所だ。あの鉄の門を観た事があるかい。ないだろうだれが見るもんですか。吉原なんて賤業婦のいる所へ行く因縁がありませんわ。無料は書き方の身で、よくまあ、あんな所へ行かれたものねえ。本当に驚ろいてしまうわ。ねえ履歴書さん、履歴書さんええ、そうね。どうも品数が足りないようだ事。これでみんな戻ったんでしょうか戻らんのは自己PRばかりさ。元来九時に出頭しろと云いながら十一時まで待たせる法があるものか、これだから日本の志望動機はいかん日本の志望動機がいけないって、吉原を散歩しちゃなおいけないわ。そんな事が知れると免職になってよ。ねえ履歴書さんええ、なるでしょう。あなた、私の帯の片側がないんです。何だか足りないと思ったら帯の片側くらいあきらめるさ。こっちは三職務経歴書も待たされて、大切の職務経歴書を半日潰してしまったと日本服に着代えて平気に火鉢へもたれて油壺を眺めている。職務経歴書も仕方がないと諦めて、戻った品をそのまま戸棚へしまい込んで座に帰る。